ゲームクリエイターになれる専門学校の気になるお金事情に関して紹介しています
  • ゲームクリエイターになるには?何が必要?
  • ゲームクリエイターのお金にまつわる話
  • 楽しいスクール生活を送るために
  • ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校
  • ゲームクリエイターの1日の流れ

奨学金制度のある学校を知りたい!

奨学金制度とは

奨学金制度

奨学金制度は、進学したいけど経済的な理由で学費の用意が難しい場合に、低金利で資金を貸してくれる制度です。

先ほど「教育ローン」について話しましたが、似ているようでそれぞれ異なる点があります。

まず、進学に意欲があり、学力や能力を持っているのに経済的理由で難しいという学生が対象になります。そして教育ローン同様、返す義務のあるお金です。しかし教育ローンは収入のある保護者がローンを組むのに対し、奨学金は借りるのが学生本人になります。

ここが大きく違いますね。自分が借金するわけなので、ちょっと緊張します。

また、申し込み時期が決まっていたり、返済開始は就業開始後というのも特長です。資金に困っている人にはなかなかいい話ですが、デメリットもチェックしておきましょう。

奨学金にももちろん審査があり、本人の健康状態や学力、家計や家族構成をみられます。この審査が通らないとお金は借りられません。さらに万が一留年や休学してしまった場合、奨学金を受け取れる期間は最短終業年限と決まっているので、はみ出した分は借りられず、自ら用意し支払わなければいけない点もあります。

本人の借り入れになりますが、これらを理解して家族とよく相談して利用するようにしましょう。

多くの専門学生が使っている「日本学生機構の奨学金」

日本学生機構の奨学金

奨学金には、国や都道府県が行っているものと、民間が行っているものがあります。

なかでも最も利用している人の多い日本最大規模の「日本学生機構の奨学金」についてです。

種類は2種類あり、無利息の「第一種奨学金」は高校の成績がよくないと採用されないのと、進学する学校によっては第一種奨学金の金額では足らず、まかえない場合がある注意点があります。利息が付く「第二種奨学金」は在学中は利子がつきませんが卒業後の返済から、最大で年3%の金利が発生します。

採用条件は、学習意欲があり高校の成績が平均水準以上であることや、特定の分野で優れた能力を持っているかなどに該当する必要があります。どちらも申し込み時期は、予約採用といって高校在学中に申請するのが一般的ですが、進学してから申し込む在学採用、家計急変時に申し込む緊急採用・応急採用の3つの方法があります。

また、「第一種奨学金」と「第二種奨学金」は併用が可能で、世帯収入の基準審査はありますが、併用することで卒業後の利息が軽減できるので当てはまる人は上手に活用するといいです。

「日本学生機構の奨学金」はいくらまで借りられる?

2年制の専門学生なら、月々3~6万円を奨学金として借りることができます。2年間の総額にすると、72~144万円を借りている計算になります。自宅から通うのかどうかや、学校が私立か公立かなどの分類によって、借りられる金額か変わってきます。両親の年収によっても、借りられる金額は変動します。

社会人になるまでは、返済を猶予されますが、後々返さなければいけない借金ですから、慎重に必要な額だけを借りるようにしましょう。

ページのトップへ