ゲームクリエイターになれる専門学校を厳選してご紹介!
  • ゲームクリエイターになるには?何が必要?
  • ゲームクリエイターのお金にまつわる話
  • 楽しいスクール生活を送るために
  • ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校
  • ゲームクリエイターの1日の流れ

ゲームクリエイターの専門学校を探すなら

ゲームクリエイターの専門学校を探すなら

どうもこんにちは。僕は現在、大手ゲーム会社に勤めている24歳独身のトシローって言います。4つ歳の離れた兄貴の影響で小さい頃からゲームが好きで、外に遊びに行かずゲーム漬けの日々!

高校に行きだしてから本気でゲームを仕事にしたい!と考えるようになり、高1の夏休みあたりから、ゲームクリエイターの専門学校のオープンキャンパスに足繁く通うようになりました。

初めは制作体験や在校生の作品を見るのに興奮し、ただ楽しんでいるだけの自分でしたが、徐々に学校でどんなことを自分は学びたいのか、卒業したらどんな企業で活躍したいのか、そのために今何をして、どんな専門学校を選べばいいのか真剣に考えるようになりました。

学校はホームページやパンフレットなどでも情報を掴めますが、実際に足を運んでみないとその学校の特徴や雰囲気などは分かりません。慎重派の僕は1つの学校に最低でも3回はオープンキャンパスに参加し、自分に合った学校選びをしました。そして念願だったゲーム会社に勤めることができた僕。

今思い返すとこの学校選びが僕の人生のターニングポイントだったように思います。

学生に言いたい!就職が大事

学生に言いたい!就職が大事

ゲームクリエイターになるための専門学校は、とにかくたくさんあります。

しかも興味がある人なら分かると思うんですが、どの学校もワクワクするような内容のカリキュラムばかりで、心躍ります。オープンキャンパスも講師陣や在校生が楽しませてくれるので、ここいいじゃん!と、ついつい雰囲気などで決めてしまいがちです。確かにフィーリングも大事ですが、ここで僕が言いたいのは、楽しくキャンパスライフを送るだけでいいのか?ってことです。

卒業できても学んだ技術を発揮するために就職できなければ全く意味がありません!決して安くはない学費を払って学んでいたのに、内定がもらえず、全然関係ない事務職に就いたって話を聞いたことあります。どの学校も就職率高めを強調していますが、業界就職実績でないと満足な就職はできないかもしれません。本当に就職に強い専門学校を選ばないと、全て台無しになってしまいます。

そこで、専門学校選びの時に僕が重要だなと思ったポイントを4つ、下記にまとめました。

学校の特徴 それぞれの学校によって特徴や雰囲気は全然違います。就職に力を入れている学校、個人指導や担任制など色々あるので、必ずチェックしなくてはいけないポイントです。

学科・専攻 ゲーム学科の中にもいろいろな専攻があります。なりたい将来像に近い専攻を選ばないと元も子もありません。

費用 初年度に必要な金額を紹介しています。
※2018年に調査した金額です。詳しくは各公式サイトをご確認ください。

主な就職先 就職先はかなり重要!ゲーム会社とそれぞれの専門学校は「太いパイプ」で繋がれている場合が多いので、希望のゲーム会社や大手ゲーム会社に就職できる専門学校を選ぼう!

これからゲームクリエイターを目指そうとしているそこのキミ!参考にしてみてくれ!

おすすめ

ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校をご紹介!総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジ

総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジ
特徴
3Jシステム

「Just Time(必要な時に)」「Just Person(必要な人から)」「Just Support(必要なサポートを)」の3つのJを教育方針とし、1クラス10〜20名の少人数制なので、1人ひとりにあった教育や就職サポートをしてくれます。

充実のカリキュラム

技術はもちろん「面接トレーニング」「ゲーム業界セミナー」直接ゲーム企業にプレゼンできる「作品講評会」など、将来を見据えた授業内容がヒューマンアカデミーの特徴です。

初年度納入金

お問い合わせください

※資料請求すると学費の詳細がわかります
校舎所在地
全国に15校

札幌、仙台、秋葉原(東京)、横浜、柏(千葉)、大宮(埼玉)、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡、鹿児島、那覇

学科・専攻
全日制コース
  • プログラマー専攻
  • プランナー専攻
  • CGデザイナー専攻
  • アニメーター専攻
大学生・社会人向け
  • 夜間・週末講座
経験者向け
  • CGマスターコース
企業提携
  • クリエイティブラボ
高卒資格
  • 通信・通学制高校(教育提携校)
主な就職先

株式会社スクウェア・エニックス/株式会社セガ・インタラクティブ/株式会社カプコン/株式会社白組/株式会社日本一ソフトウェア/株式会社サイバーコネクトツー/ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社/株式会社電遊社/株式会社フロム・ソフトウェア 他、多数

総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジのおすすめポイント

全国に15校構えるヒューマンアカデミーは、「3Jシステム」という学生たちひとりひとりが充実した学びを通して将来の「なりたい自分」になれるよう、全力でサポートするシステム体制を整えています!

3Jとは、必要な時に(Just Time)、必要な人から(Just Person)、必要なサポートを(Just Support)の3つのJからなり、他の学校とは違い1クラス10~20名と少人数のクラスの中で講師による安心サポートを受けられます!さらにゲーム業界との太いパイプを持ち、長年強い信頼関係を築いているので、学ぶだけではなく卒業後のゲーム業界への就職チャンスが多いのも大きな強みです!

他にも、プロになるための設備やカリキュラムが充実していることや、有名企業のプロデューサーやクリエイターによるセミナー企業と学生の企画「ゲーム合宿」の開催などもあります。

僕は高校3年生限定の説明会や適職診断会など、体験授業に4回ほど参加しました!オープンキャンパスでは在校生のリアルな話を聞けたり作品を見ることが出来ます。そして僕がヒューマンアカデミーをおすすめする1番の理由は、他校と比べ圧倒的な就職率の高さです。業界で活躍するチャンスを掴めます!

ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校をご紹介!アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院
特徴
2年間で即戦力に

プロと同じ方法で徹底してゲームを作る実践カリキュラムなので、2年間で効率良くスキルアップができます。

1年目に3つのゲームを作る

入学した年にゲーム開発自習を3回行い、就活用に3つのゲームを作ります。

初年度納入金※ゲームクリエイター学科の場合
  • 入学金:100,000円
  • 授業費:900,000円
  • 施設設備費:250,000円
  • 演習実習費:130,000円
トータル:1,380,000円
校舎所在地

恵比寿(東京)

学科・専攻
  • ゲームプログラマー学科
  • ゲームクリエイター学科
  • ゲーム・3DCG学科
  • キャラクターデザイン学科
主な就職先

株式会社レベルファイブ/アソビモ株式会社/株式会社アクワイア/有限会社インディーズゼロ/株式会社エイティング/株式会社バンク・オブ・イノベーション/株式会社ヒストリア/株式会社トライエース/Ubisoft Osaka株式会社 他、多数

アミューズメントメディア総合学院のおすすめポイント

「産学共同・現場実践教育」という教育理念のもと、プロになるための確かな実力を身につけ、在学中から社会人クリエイターとしての技術や意識を学べます。現役プロ講師により最新技術に触れることができ、就職専任スタッフが徹底指導を行い、在学中のみならず卒業後も継続してバックアップしてくれます。またOB・OGクリエイターによる特別講義もあり実践で役立つアドバイスや心得などを聞くことができます。

恵比寿駅近辺に本館、2号館、新3号館、新館があります。1人1台のマシンがあり設備も充実していました。参加無料のアミューズメントメディア総合学院が主催しているイベントがあり、進路相談やクリエイター体験ができます。楽しい場でしたがスタッフの方のテンション高く、少々ついていけてない自分がいました。

ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校をご紹介!学校法人・専門学校HAL

学校法人・専門学校HAL
特徴
独自の教育システム

多方向から「学ぶ」ということを分析し、創造力、応用力、業界適用力を身につけることができます。

個性が伸びる独自の教育評価

HALが独自に開発した教育評価システム「S.S.D.評価システム(Scoring of Self-Development=自己発展の記録)」は、それぞれの特性を評価する「学業評価」と、個性や長所を評価する「個性評価」で、新たな個性を発見して育てるための教育評価システムを使っています。

初年度納入金※ゲーム4年制学科(東京校昼間部)の場合
  • 入学金:300,000円
  • 授業料:880,000円
  • 教育充実費:156,000円
  • 施設・設備維持費:337,000円
トータル:1,673,000円
校舎所在地

東京、大阪、名古屋、パリ(海外)

学科・専攻※東京校の場合
昼間部[4年制] ゲーム4年制学科
  • ゲームデザインコース
    • ゲームデザイナー専攻
    • 3Dキャラクターデザイナー専攻
    • スマートフォンゲームデザイナー専攻
  • ゲーム企画コース
    • ゲームプランナー専攻
    • ゲームシナリオライター専攻
    • ゲームディレクター専攻
  • ゲーム制作コース
    • VR・3Dゲームプログラマー専攻
    • オンラインゲームプログラマー専攻
    • スマートフォンゲームプログラマー専攻
昼間部[2年制]
  • ゲーム学科
    • ゲームプログラム専攻
    • キャラクターデザイン専攻
夜間部(専門課程)コース[2年制]
  • ゲーム学科
主な就職先

任天堂株式会社/株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント/株式会社スクウェア・エニックス/株式会社カプコン/株式会社セガ/株式会社バンダイナムコゲームス/グリー株式会社 他、多数

学校法人・専門学校HALのおすすめポイント

新宿駅西口徒歩3分という好立地に位置するHALは、独自の教育システムと大学をも超える育成カリキュラムによりゼロからプロのクリエイターを目指せます。「日本ゲーム大賞アマチュア部門」で8回の大賞を含む16年連続入賞を達成している他、マイクロソフト主催の「Imagine Cup」では優秀賞を獲得するなどの実績を誇ります。専門的な授業も多く、企業と一緒に作品を制作するプロジェクトや、最前線で活躍するトップクリエイターの講義も行われます。

HALは駅前な上、屋根付きの通りを歩いてたどり着けるので便利でした。全部で3回体験入学に参加して、校内の雰囲気や体験実習をじっくりしてきました!設備も充実していて良かったですが、生徒の人数が多く講師の目が行き届いていないような印象を少し受けました。現役で活躍されてる講師の方もいるそうですが、身に付けるのは自分の頑張り次第かもしれません。

ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校をご紹介!バンタンゲームアカデミー

バンタンゲームアカデミー
特徴
講師は全て現役のプロ

特別授業だけでなく、通常の授業の講師も全て現役で活躍しているプロのクリエイターなので、最新の技術と知識を直接学ぶことができます。

実践的なカリキュラム

バンタンは実践授業にこだわりを持っているので、複数の専攻生が集まって1つの作品を作る「チーム制作」「セッションワーク」の機会が豊富にあります。

初年度納入金※ゲーム学部3年制(東京校)の場合
  • 入学金:100,000円
  • 授業料:890,000円
  • 設備充当費:330,000円
  • 実習費:180,000円
トータル:1,500,000円
校舎所在地

中目黒(東京)、大阪

学科・専攻
ゲーム学部[3年制]
  • ゲームプログラム総合
  • VR・MRクリエイター総合
  • ゲームグラフィック総合
  • キャラクターデザイン総合
ゲーム学部[2年制]
  • ゲームプログラマー専攻
  • オンラインゲームプログラマー専攻
  • ゲームグラフィッカー専攻
  • 3DCGクリエイター専攻
  • キャラクターデザイナー専攻
  • ゲームプランナー専攻
  • サウンドクリエイター専攻
主な就職先

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント/株式会社サイバーコネクトツー/株式会社ディー・エヌ・エー/グリー株式会社/アイディアファクトリー株式会社/デザインファクトリー株式会社/株式会社ユークス/株式会社ガマニアデジタルエンターテインメント/株式会社チュンソフト 他、多数

バンタンゲームアカデミーのおすすめポイント

今年で創立30年を迎えるバンタンゲームアカデミーは、日本で最も歴史あるゲームクリエイター育成学校です。全ての講師が現役で活躍するクリエイターで、最新の技術と知識を直接指導するのがバンタンのこだわりです。「チーム制作」と「セッションワーク」の機会を豊富に設け、現場対応力とコミュニケーションスキルを身につけながら制作の難しさと楽しさを学べます。

オープンキャンパスに行った時、意外と社会人率が高く幅広い年齢層で驚きました。サークル活動もあり、在校生が明るく仲の良さを感じましたが、実践的授業より楽しげなイベントのほうが重視されている印象でした。それからバンタンゲームアカデミーは学校法人ではないので、専門学校ではなくカルチャースクールという区分になります。なので専門学校卒という肩書きが書けなかったり、通学の定期を学割で買えない、学科によっては教材が高いなどの金銭面での不安材料が少しあります。

ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校をご紹介!東京デザインテクノロジーセンター専門学校

東京デザインテクノロジーセンター専門学校
特徴
カリキュラムは自分でつくる!

入学した専攻以外の科目も自分で選んで学べる「Wメジャーカリキュラム」を採用。専攻外の興味ある授業を受けられて、自分の世界が広がります。

自分の作品をプロが見てアドバイスをもらえる

業界のトップクリエイターが行う少人数制の「業界特別ゼミ」では、自分の作った作品に対してプロからのアドバイスを受けられます。

初年度納入金
  • 入学金:100,000円
  • 授業料:990,000円
  • 総合演習費:370,000円
  • キャリア教育振興費:60,800円
  • 海外実学研修積立金:100,000円
  • 資格検定費:約20,000円
  • 健康管理費:20,000円
トータル:1,660,800円
校舎所在地

高田馬場(東京)

学科・専攻
スーパーIT科[4年制]
  • ゲームワールド
    • スーパーゲームクリエイター専攻
IT・デザイン科[3年制]
  • ゲームワールド
    • ゲームプログラマー専攻
    • ゲーム企画・シナリオ専攻
    • ゲームCGデザイン専攻
    • ゲームキャラクターデザイン専攻
主な就職先

株式会社スクウェア・エニックス/株式会社バンダイナムコスタジオ/AppBank株式会社/株式会社コロプラ/株式会社ソニックジャム/株式会社コナミデジタルエンタテインメント/株式会社サイバーエージェント/株式会社DMM.comラボ/株式会社ディー・エヌ・エー 他、多数

東京デザインテクノロジーセンター専門学校のおすすめポイント

自分が目指すものに対して広く学べるシステムが整っていることが特徴の東京デザインテクノロジーセンター専門学校。専攻している科目以外にも、興味がある授業は無料で受けられる「Wメジャーカリキュラム」がとても魅力的です。

また現場に即したチーム制で実際にゲームを制作していく「ゲームプロジェクト」や、海外の最先端技術・世界レベルのスキルを体感できる「海外実学研修」など、即戦力としての力を徹底的に身につけることができます。

実践授業が多い分、資格取得のための授業が少なく、就職のための武器として資格取得を目指す場合にはかなり自学自習が必要な点は不安が残ります。

なぜ僕が総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジをおすすめするのか?

なぜヒューマンアカデミーをおすすめするのか?

オープンキャンパスに行くと、どこの学校もだいたい学校説明や体験授業、個別相談などが盛り込まれています。泊まり込みの宿泊オープンキャンパスや、夜のオープンキャンパスなど面白いのもけっこうあります。そんなたくさんの学校がある中、なぜ僕はヒューマンアカデミーを選んだかというと、1番の決め手は業界に就職させるための指導が強いところでした。

有名企業と太いパイプを持ち就職のチャンスが多いんです。クラス担任で少人数制を用いているので、就職の際にミスマッチが少なく離職率も低く、生徒一人一人に満足のいくフォローアップをしてくれます。あとは、実際の授業を見学したら、詰め込み式の授業ではなく実践形式で、カリキュラムもしっかりしていて、知れば知るほど自分が求めていた学校だと感じたんです。

ヒューマンアカデミーをおすすめする理由①就職に強かった

ヒューマンアカデミーをおすすめする理由①就職に強かった

ヒューマンアカデミーをおすすめする理由は、他校よりもはるかに就職させるための指導が強かったからです。就職活動は自分で面接の練習をするなど大事な部分もありますが、学校が就職に力を入れているかもすごく重要になってきます。

学校にはたくさんの求人がありますがゲーム業界以外のものも多くあるのが事実で、ゲーム業界に就職が決まらず事務職や介護職などに就く人も少なくありません。ヒューマンアカデミーはインターンシップをはじめ、ゲーム業界のセミナーなど多くのサポート実現しているので、在学中から現場の制作を学ぶことができる上、ゲーム業界への就職を可能にしてくれます。

ヒューマンアカデミーをおすすめする理由②カリキュラムがどこよりも良かった

ヒューマンアカデミーをおすすめする理由②カリキュラムがどこよりも良かった

現在もゲーム業界の一線で活躍しているプロの講師陣による、実践形式の授業も魅力の1つです。

そして「チーム制作」を通して、常に新しい技術を学べるだけでなく、コミニュケーション能力3DCGソフトを使った表現力、日々進化する業界での学び続ける姿勢や発想力問題を解決する力企画力、など多彩な経験を積み、現場で求められる人材になれるカリキュラムを組んでいます。

またヒューマンアカデミーは、専攻科目が豊富にあり「なりたい自分」に合わせて選び進むこともできます。

ヒューマンアカデミーをおすすめする理由③少人数制だからスキルアップが早かった

ヒューマンアカデミーをおすすめする理由③少人数制だからスキルアップが早かった

1クラス50人以上いる学校がほとんどですが、ヒューマンアカデミーは10人~20人と少人数制の授業を取り入れているので、生徒一人ひとりのレベルに合わせて授業を進めることができ、個性を見つけてそれぞれに合わせた指導をしてくれます。

分からないことをすぐ聞けたり、就職に関するアドバイスがきめ細かくできるのも少人数制の大きなメリットです。必要とされるプロのゲームクリエイターになるための最適な環境を整え、全力でバックアップしてくれます。

君もヒューマンアカデミーでゲームクリエイターの道を開いてみてはどうかな!

  • アミューズメントメディア総合学院 アミューズメントメディア総合学院
    初年度納入金
    1,380,000円
    主な就職先
    株式会社レベルファイブ/アソビモ株式会社/株式会社アクワイア/有限会社インディーズゼロ/株式会社バンク・オブ・イノベーション 他、多数
  • おすすめ
    総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジ 総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジ
    初年度納入金
    お問い合わせ下さい
    主な就職先
    株式会社スクウェア・エニックス/株式会社セガ・インタラクティブ/株式会社カプコン/株式会社白組/株式会社日本一ソフトウェア 他、多数
  • 学校法人・専門学校HAL HAL
    初年度納入金
    1,673,000円
    主な就職先
    任天堂株式会社/株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント/株式会社スクウェア・エニックス/株式会社カプコン/株式会社セガ 他、多数

ページのトップへ