ゲームクリエイターになれる専門学校の気になるお金事情に関して紹介しています
  • ゲームクリエイターになるには?何が必要?
  • ゲームクリエイターのお金にまつわる話
  • 楽しいスクール生活を送るために
  • ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校
  • ゲームクリエイターの1日の流れ

ゲームクリエイター専門学校の学費ってどのぐらいかかる?

2年間でかかる学費の平均値とは

学費の平均値

大学、短期大学、専門学校など学校によってもそれぞれかかる費用はさまざまです。

なかでも専門学校は美容系専門学校や、シェフになるための料理の専門学校、洋服を作るデザインの専門学校、福祉の専門学校などいろいろ存在します。どの専門学校も大学などに比べるとなんとなく学費が安いイメージありますよね、しかし専門学校も学校によっては学費が高いのが事実です。

内訳は入学金・授業料・施設費などで、授業料はだいたい年度ごとに、前期と後期に分かれていて、実習費などが含まれています。最新設備を整えていたり、プロの講師による授業が多いゲームクリエイターの専門学校も、やはりそれなりにします。

もちろんその分得る知識や技術も多くありますが。そして調べてみると、ゲーム系の専門学校で2年間に支払う学費の平均額は「2,395,000円」ほどでした!こうまとまった金額を見ると改めてすごいですが、これぐらいかかると初めから頭に入れておくと、2年間という長い間の必要な費用がわかりいいかもしれません。

学費以外にもお金がかかる

2年間でかかる学費のおおよその金額がわかったわけですが、もちろんそれ以外にも諸々お金がかかってきます。

パソコン
10万円前後(ピンキリです。)
インターネット回線
4,000~6,000円程度(月額料金)
Adobeソフト
25万円程度
MAYA
50万円程度

なんといっても一番の商売道具、パソコンです。全くの初心者で、パソコンも持っていないけど、ゲームクリエイターを目指し入学してくる人もけっこういるんですよね。クラスに何人かいました。そういった人たちはまずパソコンを買う必要があります。

「教育ローン」を使おう

ちなみに僕はもともと使っていたパソコンがありましたが、在学中に奮発してクリエイター・エンジニア向けのパソコンに買い換えました!作業工程の細分化が進みめちゃくちゃ便利なやつに!合わせて、その処理についていける速度をもったインターネット回線も必要です。元々インターネット環境が整っている人はいいですが、新しく引くとなるとだいたい5,000円前後の月額料金がかかります。2年間だと結構な額になりますね。あとはパソコンときたら、ソフトも必要です。

ゲーム企画、シナリオライティング、キャラクターデザイン、などにはPhotoshopなどAdobeソフトは欠かせません。モーショングラフィックスなどを行うMAYAも必要かもしれません。

高額なソフトですが、学割などをうまく使って購入するといいです。他にも勉強するのに資料を買ったりととにかく学費だけでは終わりません。これはゲームクリエイターの専門学校じゃなくても、例えば服飾の専門学校生がミシンを買ったりするのと同じで、クリエイターを目指す専門学校生には必要なもののお金なので、ケチらず揃えましょう。

一人暮らしにかかるお金

学校が遠くにある場合、一人暮らしをすることになりますね。その時に必要になる生活費も、学費以外に必要なお金として考えておく必要があります。必要なお金は以下のように分類できます。

  • 家賃
  • 光熱費
  • 食費
  • 通信費
  • 交際費
  • 雑費
  • 初期費用

光熱費は水道・ガス・電気です。これはあまり違いの出にくいところです。一人暮らしの学生なら、普通に使えば合わせて1万円以内には収まります。

一人暮らし

食費は、外食か自炊かで大きく金額が変わります。自炊であれば月2~3万円で食費を賄うことができるでしょう。ただし、外食ばかりになりそうな場合は、1食600円としても1カ月で54,000円はかかります。

通信費は、自宅のインターネット回線とスマートフォンなどの料金を指します。格安スマホなどをうまく利用して、全部で1万円以内には収めたいところです。 交際費は友人との飲み会や遊び、旅行などのことです。1回飲み会に参加すると4,000円程度はかかります。ここの費用はコントロールがしやすいようで、意外と節約しにくい部分でもあります。人によって大きく変わる部分でもありますが、僕の場合は月4回以上は参加していたような…。

もちろん勉強をしに行っているのですから、それを優先するべきではありますが、同じ夢を持つもの同士での会話は、刺激になりますし、今しかできない経験でもあります。せっかくの学生生活ですから、そこでの友人関係や人脈は、大切にしたほうがいいですね。

最低限の生活費を差し引いて、いくら捻出できるのか、アルバイトをする必要があるかなど、事前に考えておくと安心です。

雑費は、トイレットペーパー・服・シャンプー・お菓子などの費用のことです。ここは一番節約しやすい部分です。コンビニでの無駄遣いをしないように等、雑費は必要なものだけ、最低限の金額で考えておくと、日ごろから節約が身に付きますので、社会人になってもお金に困りませんよ。

最後に、忘れてはいけないのが初期費用です。引越代は業者に依頼すると最低でも5万円くらいはかかります。家賃も、はじめは敷金・礼金といった数十万円のお金がかかります。ベッドや洗濯機なども新しく購入するとなると、かなりの額になりそうですね。初期費用は全部で30~40万円くらいは見積もっておく必要があります。

ページのトップへ