ゲームクリエイター専門学校生におすすめのアルバイトを考えてみました
  • ゲームクリエイターになるには?何が必要?
  • ゲームクリエイターのお金にまつわる話
  • 楽しいスクール生活を送るために
  • ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校
  • ゲームクリエイターの1日の流れ

学生生活にアルバイトは必須!どんなアルバイトがおすすめか?

アルバイトは専門学校の就職センターがおすすめ

アルバイトは専門学校の就職センターで

せっかくゲームクリエイター専門学校に通っているんだから、アルバイトをするにしてもゲームの知識を深めることができた方がいいですよね。

リリース前のゲームのデバッグ(バグを見つける)はよく求人がありますし、時間に余裕があるなら積極的にやってみると時間を有効に使えます。それに、デバッグのアルバイトをしていたら真面目さを買われて就職・・・なんて友達もいました。

こういったゲーム関係のアルバイト探しで特に僕がおすすめしたいのは、専門学校の就職センターで紹介されているアルバイトです。インターネットで検索するより数は少なくなってしまいますが、講師の先生や卒業した先輩つながりで学校とコネのある企業から求人がきていたりすることがあります。こうしたところから現場の知識を得る、人脈を作ることも意外と将来に影響したりするんです。

また、単なる小遣い稼ぎのアルバイトというより、もっと意欲的にゲームのことを学びたい、という場合はインターンシップに応募してみましょう。給料がもらえる点は一緒でも、得られる経験と人脈はただのアルバイトとは比べものになりません。

インターンシップは企業の人からすると有望な学生を見定める場になるし、学生も今後の就職に影響すると思うと真剣に技術を学ぶ場になります。早めに社会に出ておくと意識も高まるので、モチベーションを高く保つためにも良いと思いますよ。

僕も専門学校在学中は数社のインターンに参加し、授業では得られない緊張感と現場の空気感を肌で感じていました。こういう経験があると、普段の授業のモチベーションもかなり上がるのでおすすめです!

気分転換にまったく違うジャンルでバイトするのもあり

気分転換にまったく違うジャンルでバイトするのもあり

求人はあってもすぐ埋まってしまうとか、アクセスが不便で通えない・・・その他いろんな問題があって希望のゲーム関係のアルバイトができないこともあると思います。

そんな人には、いっそ気分転換のつもりでコンビニや飲食店でのアルバイトもおすすめですよ。僕は専門学校時代、ずっと家の近所のコンビニでアルバイトをして、合間でインターンに参加していました。

ゲームに全然関係ないから役に立たないじゃん、と思われるかもしれないですけど、僕はコンビニでずっとバイトしていたことが今仕事をする上でとても活きていると感じます。

というのも、コンビニの店長がすごく親切でよく進路なんかの相談に乗ってくれたり社会に出たときに意識しておくべき態度言葉遣いなどを教えてくれました。また、急なインターンの参加日程にも臨機応変に対応してくれたりとすごく可愛がってもらったのも本当にうれしかったです。それに、コンビニや飲食店は世界の縮図といえるくらい様々なお客さんが来るし、会話の内容をちらっと耳にするだけでも結構ユーザーの要望が現れていて、ゲーム作りの参考になったりするんです。あと、クレーマーへの対応とかもある種の勉強だなあ、と思いましたw

継続的なアルバイトが無理な人でも、学校によっては学内でアルバイトを募集している場合もあります。よく聞くのは図書館の蔵書整理や入試の試験監督といった短期のもの。ちょっと欲しいゲームがあるけど小遣いが足りないぞ・・・というときに、気軽に単発でアルバイトができるのでおすすめです。

ページのトップへ