ゲームクリエイターの独立・起業の方法やメリット・デメリットなどについて解説しています
  • ゲームクリエイターになるには?何が必要?
  • ゲームクリエイターのお金にまつわる話
  • 楽しいスクール生活を送るために
  • ゲームクリエイターになりたい学生におすすめの専門学校
  • ゲームクリエイターの1日の流れ

ゲームクリエイターになるとどんな仕事に就けるか?

ゲームクリエイターって独立や起業して仕事できるの?

ゲームクリエイターって独立や起業して仕事できるの?

ゲームクリエイターを目指す人にとって、フリーランスでの独立、起業を目標に考えている人もいると思います。

もっとも、チームで動くことに変わりはないし、社内だけでなく多くの現場でたくさんの人と関わることになるから、コミュニケーション能力は会社勤めよりもっと要求されることになりますけどね。

実際、僕の友達にも就職先の会社と馬が合わないといった理由でフリーランスになった人もいるし、学生の頃からずば抜けたスキルを持っていた人はすぐ独立して成功した、という話も聞きました。得意分野を極めていたり、自信のあるスキルで認められる実力を持っていれば独立しても十分仕事はできます。

ただ、人脈がなければ仕事はもらえないし、自分で売り込みをしていくことも重要になるので、専門分野以外にもいろんなことを勉強していく姿勢は持ち続けないとつらい部分もあります。営業力、と言ってしまうと誤解もありそうですけど、ようするに自分ができることを上手に売り込むことができないと、自分の魅力が相手に伝わらないわけですからね。

フリーランスとして活躍したいのであれば、企業がどんなゲームクリエイターを欲していて、どんなゲームクリエイターが不足しているのかを観察しておくのもいいと思います。専門分野だけはバッチリできるけど、他の分野になるとちんぷんかんぷん・・・という人より、多くの分野に理解があって柔軟に橋渡しもできる人の方が、企業としても欲しがるのは当然です。

就職してからフリーに転身する人も

フリーのゲームクリエイターとして成功を収めている人の中には、まずは大手ゲーム会社に就職してそこで実績を積んでから、フリーに転身したという人も多いです。独立しても仕事を継続して取っていくためには、前述したとおり、ある程度の人脈と実績が必要です。

名の通った企業に勤めて、そこで実績を上げていれば、例えフリーになったとしても信用され、仕事が舞い込むというのは、容易に想像がつくのではないでしょうか。独立することは、自由な選択ができる働き方とも言えるかもしれませんが、普通に就職して働くよりも実力主義で、大変厳しい世界です。

その分、人気のゲームクリエイターになれば、年収は跳ね上がること間違いなし。夢のある世界でもありますね。

フリーのゲームクリエイターの気になる年収は?

フリーのゲームクリエイターの気になる年収は?

フリーランスになると、会社勤めよりも年収が多くなる可能性は大いにあります。起業で成功した場合はさらに収入が見込めるでしょう。

ただ、フリーランスとして独立するのはたやすい道ではありません。上でも書いたように自分自身の長所を理解して、それを売り込んでいくマーケティング力も求められますし、何より実力がなければ認めてもらえません。

ゲーム業界はもともとかなり多忙ですし、勤務時間が膨大になることも考えられます。毎週休日出勤が求められることもあれば、リリースまでずっと残業続きで毎日終電帰りということも起こります。僕は実際就職してからそういう経験を何度もしました。

プロジェクトに関わるのだから、フリーランスも責任は同じかそれ以上。徹夜続きになることもあります。それに夜型の人が多い業界でもありますから、フリーランスといえど昼型の生活をするのは難しいかもしれません。

こうした忙しさをうまくさばいて、常に健康を維持するのもフリーランスの難しさのひとつです。しかし、その分年収は1,000万円を超えることもありますし、いろんな企業から引っ張りだこになって多数のプロジェクトに参加するような人気フリーランスだともっと高くなることもあるでしょう。

自分のスキルと仕事の大変さ、見返りの大きさを十分考慮した上でフリーランスになれればベストですね。

ページのトップへ